• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

たたきこんにゃく

14
甘辛い味つけは副菜はもちろん、お酒のつまみにもなります。
調味料を加えたら弱めの中火で煮て、こんにゃくに味をしっかりしみ込ませるのがコツ。
関連キーワード
煮もの
副菜
おつまみ
レシピカテゴリ
旬野菜
食材
こんにゃく・しらたき

材料(作りやすい分量)

  • こんにゃく…2枚(500g)
  • 塩…適量

  • [A]
  • だし汁…1/2カップ
  • しょうゆ…大さじ3
  • みりん…大さじ2
  • 酒…大さじ2
  • 砂糖…大さじ2

  • 削りガツオ…適量
  • 手作り七味とうがらし(下記)…適宜

作り方

  • 1
    こんにゃくはまな板にのせ、めん棒などでたたく。全体がやわらかくなり、ひとまわり大きくなったら2枚に対して小さじ1の塩をもみ込む。
    ポイント
    力を入れすぎるとこんにゃくが割れてしまうので、ほどよい力で全体をたたきます。たたいていると、くにゃっとやわらかくなってきます。
  • 2
    鍋に①のこんにゃくを入れ、水をかぶるまで加えて火にかけ、煮立ったらゆでこぼす。
  • 3
    ②のこんにゃくが手で触れるくらいまで粗熱が取れたら、ひと口大にちぎり、鍋に戻し入れる。鍋を火にかけ、から炒りして水分をとばしたら軽く塩を振り、[A]を加える。
  • 4
    ③が煮立ったら弱めの中火にして、煮汁が少なくなるまで煮て火を止める。
  • 5
    煮汁を全体にからめて器に盛り、削りガツオを全体にまぶし、好みで七味とうがらしを添える。
    ポイント
    煮汁を少しだけ残すと、仕上げにかける削りガツオがまんべんなくこんにゃくにからみ、うまみが増してよりおいしくなります。
※[手作り七味とうがらし]の作り方
ゆず、すだち、きんかんなど柑橘類の皮を薄くむいてカラカラになるまで干し、すり鉢などで粗くする。一味とうがらしやごま、青のり、山椒など、好みのものを好きな割合で混ぜ合わせる。


栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>